FC2ブログ

6月ギャラリー開設

Posted by 関東支部写真同好会幹事 on 10.2018 ギャラリー 0 comments
 恵寿友会関東支部
写真同好会各位


6月ギャラリー開設

第一弾:撮影者:佐川 洋(10点)
第二弾:撮影者:中久保正弘(9点)
第三弾:撮影者:山本 保晴(8点)
第四弾:撮影者:高山 武 (10点)


第一弾:撮影者:佐川 洋(10点)

 5月20日の日曜日久しぶりに家内とドライブに出かけました。
目的地は、TV放映された「こうのす花まつり:麦なでしこ、ポピー」を鑑賞の為です。
家を早朝6時ごろ出発「東関道から首都高を経て、大宮から国道17号線を北上鴻巣市へと
向かいました。途中何度も聞き込みをしながら、8時30分ごろ何とか到着、つかれた!!

早朝にも拘らず当地は大混雑、駐車に一苦労、おまけに有料維持管理費を考えれば仕方なし。
早速カメラをセット撮影開始広大なため良く歩きました。(9千歩)10時ごろ休憩
軽食を済ませて帰宅の途に。(長くなりました、佐川記)

①看板s-IMG_0046
①ー看板
②麦なでしこs-IMG_0073
②ー麦なでしこ
③広大な河川敷に花いっぱいs-IMG_0007
③ー広大な敷地に花いっぱい
④ポピーの群生-IMG_0006
④ーポピーの群生
⑤美しくs-IMG_0018
⑤ー美しく
⑥見事にs-IMG_0023
⑥ー見事に
⑦七商魂たくましいs-IMG_0065 - コピー
⑦ー商魂たくましい
⑧一面にs-IMG_0067
⑧ー一面に
⑨芸術的-0093
⑨ー芸術的
⑩清楚なs-IMG_0099 
⑩ー清楚な

「第一弾:撮影者:佐川 洋(10点)終わり」

第二弾:撮影者:中久保正弘(9点)

中久保さんから「天才書道家:金沢翔子」の作品展を鎌倉建長寺で観賞した時に感動したので
写真に撮り、ブログ掲載にと寄稿されましたので、掲載いたします。


☆皆さんもご存じの通り、本人はダウン症を母親とともに克服するために「書」に
打ち込んで「天才」と言わしめるまで精進され、幾度となく「TV」放映もされました。

(中久保さんは、遠慮がちに写真同好会とは趣旨が合致しないかもしれないが・・・。
本人の意向をくんで掲載いたしましたので、ご高覧戴けます様宜しくお願い致します。)

「去る61日(金)の夜BS TV6チャンネルで「天才書道家金澤翔子」が放映されました。
ご覧になった方もいらっしゃるかとは思いますが私は先月の56日に鎌倉・建長寺で
「ともに生きる」のタイトルでの金澤翔子の作品展を実際に見る機会に恵まれましたので

その時の写真を添付します。一部の作品には展示会場の畳が写っていますので彼女の作品の
大きさが分かるかと思います。多くの人々が訪れていました。彼女の作品を実際に観賞し
金澤翔子本人とお母さまを拝見し、更にTVで「天才書道家金澤翔子」が「独り立ち」するのを
見ることによって改めて震えるような感動を憶えました。ESSO写真同好会の主旨には合致しな
いかもしれませんが「天才書道家金澤翔子」に感銘を受けましたので皆さんに
「天才書道家金澤翔子」の作品を写真で紹介いたします。(中久保記)

①s-P5052900
①鎌倉建長寺での作品展
②s-P5052893
②鎌倉建長寺での作品展
③s-P5052905
③鎌倉建長寺での作品展(当人)
④s-P5052883
④鎌倉建長寺での作品展(立派な書)
⑤s-P5052886
⑤鎌倉建長寺での作品展(畳との対象でいかに大きな屏風か)
⑥s-P5052888
⑥鎌倉建長寺での作品展(力強い書ですね)
⑦s-P5052890
⑦鎌倉建長寺での作品展
⑧s-P5052891
⑧鎌倉建長寺での作品展(鑑賞者の賑わい)
⑨s-P5052895
⑨鎌倉建長寺での作品展(感謝で締めくくり)

「第二弾:撮影者:中久保正弘(9点)終わり」


第三弾:撮影者:山本保晴(8点)

5月初旬に多摩御陵近くの浅川に威勢の良いこいのぼりが、力強く泳いでいましたので、
「浅川土手」より撮影しました①鯉のぼりシリーズ、6点、②薔薇の花、2点、計8点
寄稿しますので掲載がたお願いします。

(薔薇の花は娘より「母の日プレゼント」された鉢植えですが、いずれは庭に植え替え
予定です) (山本記)

1.「青空に泳ぐ」①_0894
1、-「青空に泳ぐ」①
2.「青空に泳ぐ」②_0896
2、-「青空に泳ぐ」②
3.「青空に泳ぐ」③_0992
3、-「青空に泳ぐ」③
4.「青空に泳ぐ」④_1023
4、-「青空に泳ぐ」④
5.「青空に泳ぐ」⑤_1183
5、-「青空に泳ぐ」⑤
6.「青空に泳ぐ」⑥_1284
6、-「青空に泳ぐ」⑥
7.「薔薇」①_1585  
7、-「薔薇」①
8.「薔薇」②_1595
8、-「薔薇」②

1番から6番までの撮影情報を追加します。

天気が良くていい雲が出ていたので24-120mmの標準ズームをカメラに装置して
自宅から
1015分歩いて出かけましたが、6の至近の距離(1m)
撮った鯉のぼりは
16mmの広角レンズで撮れば至近の鯉のぼりがより
クローズアップできて、より広範囲に撮れたのにと思っています。

15までの鯉のぼりの写真は356mの距離だったと思います。

撮影データは次の通りです。

12ISO 400f/11S/S 1/400

3ISO 64f/11S/S 1/125

4ISO 64f/16S/S 1/80

5ISO 64f/16S/S 1/50

6ISO 100f/8S/S 1/50

以上です。


「第三弾:撮影者:山本保晴(8点)終わり」


第四弾:撮影者:高山 武(10点)
米原市醒ヶ井(さめがい)に、「清水の梅花藻」で有名な、湧水の流れる
川幅2m程度の小さな川があります。
神社前の20~30mが撮影ポイントですので、指定場所にて撮影しました(高山記)

①s-DSC07426
①清水の梅花藻ー1
②s-DSC07431 (1)
②清水の梅花藻-2(水面の反射が)
③s-DSC07432 (1)
③清水の梅花藻ー3
④s-DSC07433 (1)
④清水の梅花藻ー4
⑤s-DSC07438 (1)
⑤清水の梅花藻ー5
⑥s-DSC07441 (1)
⑥清水の梅花藻ー6
⑦s-DSC07451 (1)
⑦清水の梅花藻ー7(湧水の状況が)
⑧s-DSC07455 (1) 
⑧清水の梅花藻-8
⑨s-DSC07459 (1)
⑨清水の梅花藻ー9
⑩s-DSC07465 (1)
⑩清水の梅花藻ー10

「第四弾:撮影者:高山 武(10点)終わり」 



























































































▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する