FC2ブログ

10月ギャラリー講評会風景

Posted by 関東支部写真同好会幹事 on 27.2018 作品検討会 0 comments
 恵寿友会関東支部
写真同好会各位


作品講評会の風景写真を掲載します。

10月23日港区生涯学習センターで行われた講評会の一コマです。
最初の1時間は「紅葉・秋撮影のレンズ選択と構図&露出」の講義が
あり、その後各自の作品を白版に掲示して作者が製作意図を発表し、
その後即榎本先生が講評をすると言うスタイルで進みました。
 講義、同様、作品講評も活発な意見交換をしました。

講義風景・作品講評の一コマを掲載します。
s-①講義風景
No、1-講義風景
s-②発表者湯山千春
No、2-発表する湯山千春(ただし作品忘れで話しのみ)
s-③発表者高山武
No、3-発表者:高山武
s-④発表者富山旬子
No、4-発表者:富山旬子
s-⑤発表者小山淑子
No、5-発表者:小山淑子
s-⑥発表者石川忠男
No、6-発表者:石川忠男
s-⑦発表者重富征雄
No、7-発表者:重富征雄
s-⑧発表者山本保晴
No、8-発表者:山本保晴
s-⑨発表者中久保正弘
No、9-発表者:中久保正弘
s-⑩発表者谷澤眞一
No、10-発表者:谷澤眞一
s-⑪発表者森渥美
No、11-発表者:森渥美
s-⑫発表者佐藤信光
No、12-発表者:佐藤信光
s-⑬発表者欠席佐川洋分
No、13-発表者:佐川洋欠席につき榎本先生が掲示
s-⑭作品の講評
No、14-作品の講評:余分なところをカットして見せたい部分をクローズアップさせる
s-⑮作品講評
No、15-作品講評:大胆にカット(トリミング)
s-⑯講評会風景
No、16-作品講評会:風景

以上で終わりです。

10月ギャラリー講評会を終えて

Posted by 関東支部写真同好会幹事 on 27.2018 作品検討会 0 comments
 恵寿友会関東支部
写真同好会各位


10月作品講評会を終えて

10月23日港区生涯学習センター(新橋)に於いて写真家榎本先生による作品講評会が
開催されました、これは10月夜景・夕景の作品を各自,自由に撮影したものを持ち寄り
プロの先生に公表して頂く講評会です。
尚講評会に先立って「紅葉・秋撮影のレンズ選択と構図&露出」についての講義が
約一時間行われ皆さん、熱心に受講されました。

講評後の作品を掲載します。(到着順)
1番ー谷澤眞一
1 リフレクション 雨上がりの東京駅
No、1-リフレクション 雨上がりの東京駅
2 北天の天の川
No、2-北天の天野川
3 深夜の東京都庁
No、3-深夜の東京都庁
4 夕暮れ
No、4-夕暮れ

2番 石川 忠男
作品01 交差点(シャドー部0.5EVアップ)
No、1-交差点
作品02 暮れる街角(左部白抜きカット)
No、2-暮れる街角
作品03 只今開店
No、3-只今開店

3番 富山 旬子
s-P5260324.jpg
No、1-北欧の夕景
s-P5260334.jpg
No、2- 北欧の夕景2
s-P9110063.jpg
No、3- お台場にて
s-P9110075.jpg
No、4- 夏の終わりのレインボーブリッジ

4番 森 渥美 
横浜港夕景-1
No、1-横浜港夕景ー1
横浜港夕景ー2
No、2- 横浜港夕景ー2
横浜港夜景
No、3- 横浜港夜景

5番 山本 保晴
①「夕照」_2973
No、1- 「夕照」
②「黄昏」_3055
No、2- 「黄昏」
③「薄暮」_3107
No、3- 「薄暮」

6番 高山 武
1、日没の積乱雲
No、1- 日没の積乱雲
2、明日を約束
No、2- 明日を約束
3、闇夜を照らしてあげる
No、3 闇夜を照らしてあげる
4、レインボーブリッジ
No、4- レインボーブリッジ

7番 中久保 正弘
サロマ湖に映える
No、1- サロマ湖に映える
高いなあ!!!
No、2- 高いなあ!!!
佃島散策
No、3- 佃島散策

8番 佐藤 信道
①雲竜暴れる
No、1-雲竜暴れる
②三浦海岸の夕日0950
No、2-三浦海岸の夕日
③お台場の風物1735
No、3-お台場の風物

9番  湯山 千春 
s-夕景の富士山を望むIMG_3577 (3)
No、1- 夕景の富士山を望む
s-夜の日本丸IMG_3526 (4)
No、2- 夜の日本丸
s-横浜の夕景IMG_3512 (8)
No、3- 横浜の夕景

10番 重富 征雄
富士を背に雄大な夕暮れ
No、1- 富士を背に雄大な夕暮れ
ランドマークタワーからのみなとみらいの夜景
No、2- ランドマークタワーからのみなとみらいの夜景
良く見慣れたみなとみらいの夜景
No、3- 良く見慣れたみなとみらいの夜景

11番  佐川 洋
s-暮れなずむころ
No、1- 暮れなずむころ
s-匠の技
No、1- 匠の技
s-花を愛でながら一休み
No、3 鑑賞しながら一休み

12番 小山 淑子
夜のしじま
No、1 夜のしじま
シルエット
No、2- シルエット
s-ライトハウス
No、3- ライトハウス

以上で個人作品の掲載は終わりで次は講評会の一コマを掲載します。
尚今回は集合写真は撮りませんでした。(終わり)










  

10月ギャラリー開設

Posted by 関東支部写真同好会幹事 on 19.2018 ギャラリー 0 comments
恵寿友会関東支部
写真同好会各位


10月ギャラリー開設

第一弾:撮影者:山本 保晴(11点)
第二弾:撮影者:中久保正弘(6点)
第三弾:撮影者:佐川 洋 (10点)


山本さんから去り行く築地市場の今を伝えようと9月20日に記録と、記憶を兼ねて
築地市場を訪れて撮影した11点を掲載いたします。
築地が83年の幕を閉じて新規の豊洲市場に昨日から引っ越しが始まりましたね。
とてもタイムリーな作品です。

「閉鎖間近かの築地市場を撮る」②_2778
①「閉鎖間近かの築地市場を撮る」
「閉鎖間近かの築地市場を撮る」③_2799
②「閉鎖間近かの築地市場を撮る
「閉鎖間近かの築地市場を撮る」④_2844
③「閉鎖間近かの築地市場を撮る」
「閉鎖間近かの築地市場を撮る」⑤_2672
④「閉鎖間近かの築地市場を撮る」
「閉鎖間近かの築地市場を撮る」⑥_2719
⑤「閉鎖間近かの築地市場を撮る」
「閉鎖間近かの築地市場を撮る」⑦_2723
⑥「閉鎖間近の築地市場を撮る」
「閉鎖間近かの築地市場を撮る」⑨_2763
⑦「閉鎖間近の築地市場を撮る」
「閉鎖間近かの築地市場を撮る」⑩_2769
⑧「閉鎖間近の築地市場を撮る」
「閉鎖間近かの築地市場を撮る」⑪_2753
⑨「閉鎖間近の築地市場を撮る」
「閉鎖間近かの築地市場を撮る」①_2838
⑩「閉鎖間近の築地市場を撮る」
 「閉鎖間近かの築地市場を撮る」⑧_2758
⑪「閉鎖間近の築地市場を撮る」

「第一弾:撮影者:山本保晴(11点)終わり」

第二弾:撮影者:中久保正弘(6点)

10月3日~6日まで北海道を旅しました。「ベレケ川」で鮭の遡上を観察しました。
また「知床半島」周辺を観光船で遊覧しました。バックミュウジックはかの有名な
「知床旅情」で、船から眺める陸には「乙女の涙」「男の涙」「黒岩洞窟」とかの
名前の付いた奇岩や洞窟や瀑布がありました。更に「標高2291mの旭岳」の中腹まで
ロープウエイで上がり紅葉を楽しみました。旅のハイライトは104日(木)の
「サロマ湖の夕日」でした。ガイドさんも、添乗員も、HOTELの従業員の方々も
日没の時間や撮影に適する場所などを教えてくれ、俄かカメラマンが沢山いました。
三脚もなく手振れしないように注意しながら夕焼けを撮影しました。撮影した時間を
時系列で示しています。僅か17分間のドラマを楽しみました。北海道はいつ旅行しても
美味しく、楽しいですね。(中久保記)

①16時47分16秒
① 16時47分16秒
②16時49分17秒
② 16時49分17秒
③16時50分12秒
③ 16時50分12秒
⓸16時52分12秒
④ 16時52分12秒
⑤16時53分44秒
⑤ 16時53分44秒
⑥16時55分08秒
⑥ 16時55分08秒
 
「第二弾:撮影者:中久保正弘(6点)終わり」


第三弾:撮影者:佐川 洋 (10点)

10月18日「佐倉市ふるさと広場」(通称:風車公園)でコスモスが最盛期なので
撮影に出かけました、平日にも拘わらず大勢の鑑賞者が訪れていました。(佐川記)

広々としてs-IMG_0031
No、1-佐倉ふるさと広場 広々として
キバナコスモスs-IMG_0086
No、2-キバナコスモスかな
逆光でs-IMG_0057
No、3-逆光もまた楽しからずや

雲とのコントラストs-IMG_0092
No、4-雲とのコントラスト
WBを替えて①s-IMG_0090
No、5-お馴染み風景、WBを替えて①
WBを替えて②s-IMG_0091
No、6-WBを替えて②
新種かしらs-IMG_0019
No、7-新種かしら
前ボケをs-IMG_0039
No、8-前ボケを
雲を多く入れてみたs-IMG_0098
No、9-雲を多く入れてみた
印旛沼公園からs-IMG_0105 - コピー
No、10-印旛沼公園の高台からダイヤモンド富士を狙うも雲の帯に遮られて

「第三弾:撮影者:佐川 洋(10点)終わり」 
 


















































 HOME